かわず出ましたけど・・・

井の中の蛙が外に出てみて、感じること、想う事などつづってみたいと思ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僅かなとき2-12

二人は勧められた夜食に手をつけながら、さまざまな、考え得る推理を並べ立てたが、どれもこれも、ドラマや、小説のなかの出来事のようで美緒には真に迫ってくるものは無かった。

11時を過ぎて、本多親子は、帰っていった。ビールを少し飲んだが、いつもの陽気な雰囲気は皆無で、神妙な顔で,美緒に、
「気ィつけや。戸締りしっかりして、わしらも時間がある限り、この周りをうろついて、変な奴がいーひんか見とくようにするさかい、美緒ちゃんもしっかりな。ほなな。帰るわ。」と言い、暗い道を帰っていった。

このようなときに人の本性は表れるのだなと、美緒はぼんやり考えた。
以前は、漫才のように、大きな声で話す本多が、好きではなかった。
ことさらオーバーにおどける、うるさいおっちゃん。オタクの変な兄ちゃん。・・・と言うぐらいの感覚だった。

私、人の本質を見る目を養いたい・・一体どうすればよいのだろうか・・・そうすれば、あの時、何か気づけたのかもしれないな・・

そんなことを心の深いところで考えながら、本多たちの帰った後の食器の後片付けをしていた美緒がふと、窓の外を見ると、本多親子が、辺りを見回っているのが見えた。

急いで父にそのことを伝えると、窓の外を見ながら、携帯を取り出して、窓越しに本多親子を見つめ、深く礼を述べた。話のきっかけで美緒も一緒に頭を下げた。

二人はいつものようにオーバーな身振りで手を振って今度は本当に、阪急電車の夙川駅に向かって歩き出した。

美緒は、表現しようの無い心遣いに対する気持ちが溢れ、顔に微笑を湛えたまま放心したようにソファに座った。

負けるわけには行かない。どんな事があっても、私は、私の周りの全ての人たちを悲しませたり、迷惑をかけたりしてはならない。
美緒の心は決まった。どんなことが起きようと、あんな理不尽な人たちに負けない。

翌朝から、父と警察に、今回の全ての事柄を届けに出かけたり、うちの周りにセンサーライトを取り付けたり、今できる全ての事を講じることにした。警察は、パトロールを重点的にするというだけで、現状では何も出来ないと、案の状の対応だった。

Xデーまで2日に迫って、毎日報告電話をくれていたマスターからの電話が無かった。嫌な予感に襲われて、美緒は、マスターと なほ の携帯に電話をかけ続けた。

やっと繋がったのは、夜7時を過ぎた辺りだった。

「もしもし!マスター何かあったんですか!」出し抜けに大きな声で美緒はマスターを問いただすように聞いた。

「ビックリした!違うんだ。かみさんがね、玄関で転んで、腕を折っちゃって、病院に行ってて、遅くなっちゃったんだよ。あと二日だろう?
あんまり眠れなくってさ。ふらついて、手をついた所がわるくてね。心配は要らないよ。ポッキリ折れてて、手術は必要ないってさ。まったく!逆に美緒ちゃんに心配させちまって・・あ、そうそう、アパートの方は、何も無かったよ。そうなんだよ。それを電話で自分が伝えるって、急いで玄関上がりかけて、こけちゃってんだから。まったく。」

マスターは明るい口調で、そう言って、なほ に代わった。

「美緒ちゃん。ごめんね心配させて・・さっきから叱られてるのよ。
お前は落ち着きが無いって・・・ほんと、自分でも情けないわ。」

沈んだ声で話す なほ に気にしないようにと伝えてから、自分は大丈夫だから、心配は無用だと言って、くれぐれも大事にして欲しいと何度も念を押した。

マスターにもう一度代わってもらい、もう部屋を見に行かないでくれと伝えて、後二日で片がつくから、用があるなら、メールが来るはずだからと
なほ を叱らないで、自宅を出ずにすごして欲しいと言った。もし、自分が未だマスター宅にいると思われて、マスター達に何かあったら、どうしたらいいのかわからないのだと、正直な気持ちを伝えて、頼んだ。

マスターは了承し、なほ に睡眠導入剤を処方してもらったのだと言って、Xデーを静かに迎えることを約束した。

秋の気配が月の光を青く冴えさせている。虫の声も静けさを深くさせるように遠くに聞こえている。風の匂いが夏が終わったと教えていた。


                     第2章  完

スポンサーサイト

テーマ:作品 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

うわ~、続きが気になります。

この後どうなるんだろう?ミステリにもホラーにも、
はたまた他の展開にもなりそうで、目が離せません。

それにしても、『僅かな時』に出てくる食べ物が
美味しそうでヨダレが出そうです。

  • 2006/08/12(土) 10:57:42 |
  • URL |
  • ひさきゅ #DWEi9wPE
  • [ 編集]

ありがとうございます!

いや~うれしいです。

はてさてどうなるのでしょうか!?

食い意地の張っております、かわず ならでわの食べ物なのです。きゃは!

  • 2006/08/12(土) 11:31:59 |
  • URL |
  • かわず出ました。 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueorangekawazu.blog60.fc2.com/tb.php/62-9dc4d43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。